キャッシングとカードローンの違い

個人が無担保無保証でお金を借りる仕組みとしては、キャッシングとカードローンの二つの仕組みがあります。では、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?キャッシングは基本として、融資を受けた資金は定められた期日に利息と併せて一括で返済をする仕組みです。クレジットカードなどに付帯されている機能であることが多くなっています。一方で、カードローンは専用のカードを使い、定められた枠内の金額を自由に借りたり返済したりすることが出来る方法です。毎月指定されている期日に一定以上の返済をすることは必要になりますが、基本的には分割で返済をすることになります。つまり、借りたお金を一括で返済するのがキャッシングで、決められた枠内であれば自由に借りたり返したりすることができ、基本としては分割で返済をするのがカードローンです。ただ、最近ではキャッシングもリボルビング方式での返済を行うというケースも多く、徐々にキャッシングとカードローンに違いがなくなってきたと感じます。クレジットカードなどの付帯機能としてついているのがキャッシング、専用のカードがあるものがカードローンといったくらいの違いしかない状態です。