キャッシングの利用可能額とは

キャッシングの利用可能額とは、キャッシングで最大に借入することが可能な額を指しています。カード会社は、カードを発券した場合、利用限度額の審査をします。カードはカード会社が契約者に貸与するものなので、限度額を設定します。キャッシングの利用可能額というのは1月あたり利用できる金額ではなく、カードの利用限度額そのものを指します。利用限度額が50万に設定されている場合、40万カードで使うと使える金額は10万になります。キャッシングの利用枠は、1ヶ月あたりではなく限度額ということなので、50万あれば、支払いの残額が50万円を超えるまで使えます。キャッシングはカードで買物するのではなく、現金を借りる借金になります。カードの限度額が100万円でキャッシングの利用可能額が40万円の場合、買物では上限100万円まで利用できるのですが、キャッシングでは40万円までしか利用できないことになります。また、キャッシングを利用可能額の40万円いっぱい使った場合、カードでの買物はカードの上限額との差額の60万円までしか使えないことになります。